なぜ加度商では塗り壁を標準仕様としているのですか?

調湿効果を高めより快適な室内環境を送って頂くためです。
調湿とは簡単に言うと湿度を調整することです。
例えば、同じ30℃の気温でも、ジメジメした日とカラッと晴れた日では快適さが大きく異なりますよね?
つまり、快適な室内環境には、室内の温度だけでなく、湿度も大きく影響します。塗り壁材は湿度が高いときは自身に湿った空気を取り込み、低い時は取り込んでいる湿った空気を吐き出すことで室内を適した湿度に調整する特徴を持っています。

 ですので、少しでも調湿効果を高めるために、居室部分は壁だけでなく、天井までも塗り壁の仕上げとしています。


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加