耐震等級とは何ですか?

耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。

住宅性能表示制度の「構造の安定に関すること」の項目で、等級1から等級3まで3段階で表示されています。

【耐震等級1】数百年に一度発生する地震(震度6強~7程度)の地震力に対して倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度
【耐震等級2】上記の地震力の1.25倍の地震に対抗できる
【耐震等級3】上記の地震力の1.5倍の地震に対抗できる

ということです。

等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準とし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあることを示します。一般的に等級が上がるほど柱や梁が太くなり、窓などの開口部が小さくなる等の制約が出やすくなります。

 

【最新YouTube動画】

 

 動画を見る 

 

 

 

カタログお届けします

加度商の家づくりのコンセプトは「デザインとコストパフォーマンスにこだわった家づくりです。
塗り壁・無垢材・造作家具・W断熱などを軸に、長期優良住宅・省令準耐火構造などの「安心安全」にも優れた木造住宅をご提供します。
あたたかいリビングに大きな窓から入る贅沢な光。過ごし方からデザインする注文住宅です。

資料請求はこちらをクリック!!

 

■加度商が選ばれる理由、加度商のこだわりについて知りたい方はこちらをご覧ください

加度商が選ばれる理由

 

■LINE追加もよろしくお願いします!!

イベントや家づくりのお役立ち情報などをLINEでも配信しています。
ぜひおともだち追加をお願いします。

LINEからご質問も可能です!

友だち追加