こんにちは!

水曜日担当の岩崎です。

 

先日、基礎についてお話した際に

コンクリートに鉄筋を入れるのは強度を上げるためと言いましたが、

文字だけではわかりずらいと思うので簡単な図で説明します。

 

コンクリートは圧縮には強いですが、引張には弱いです。

例えば、こんな感じで上から力がかかった際、

 

引張に弱いため

このように力がかかっている面は圧縮力が生じるため、大丈夫ですが

反対側の面には引張力が発生するため壊れてしまいます。

 

そこで引張力に強い鉄筋をコンクリート入れることで

このように耐えることができるようになります。

 

ただ、かかる力の大きさによって鉄筋を入れていても耐えることが出来ない場合もあるので、

コンクリート自体の強度を上げたり、鉄筋の太さや本数、スパンを変えることで強くしています。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 


【西藤モデルハウス 見学予約受付中】

「共働き家族にホテルライクな暮らしを」

 

公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全151ページ中)