スタッフブログ

こんにちは。

水曜日担当の岩崎です。

 

 

今日は断熱性能についてです。

断熱性能を表す指標としてUA値という数値があります。

UA 値とは外皮平均熱貫流率 のことで

住宅内部から屋根、天井、外壁、床、開口部などを通過して

外部へ逃げる熱量を建物全体で平均した値のことです。

この値が小さいほど、断熱性能が高いことを示します。

 

 

では、値を下げるにはどうすればよいのか?

一番有効的なのは開口部の断熱性を高めることです!

というのも、屋根、天井、外壁、床、開口部などいろんなところから

熱が逃げて行ってしまいますが、一番逃げる熱が多いのが開口部です。

寒い地域だとこんなふうに窓に霜がつくこともありますよね。

下図のように冬の暖房時に室外に逃げる熱のうち、48%の熱が開口部から逃げてしまっています!

約半分とかなりの割合です!

なので、開口部の断熱性能を高めることがUA値を下げるのには大変有効です!

 

では、開口部の断熱性能を高める方法として何があるかというと

サッシを前回のブログで書いたサーモスXといった性能値が高い部材にするか、

そもそも開口部を極力減らすといった方法などがあります。

 

ただ、性能値が高い部材は金額の面が高くなりますし、

開口を減らすと部屋が暗くなるといったデメリットもあります。

 

そのあたりの折り合いに関してプラン作成時に一緒に考えてい行ければと思いますので、

気になったことがあればご相談ください!!

 

それでは今日はこの辺で!

 


【お客様の声】

加度商で家を建てられたお客様に、リアルな体験談をインタビューさせていただきました!

お家づくりでのエピソードやお家の中でのお気に入りのポイントなど参考になること満載です

 

【最新YouTube動画】

加度商YouTubeチャンネル開設!!

家づくりのお役立ち動画やルームツアー動画を投稿していきます。

是非ご覧ください。

 

 

動画を見る

 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

記事一覧|2021年6月

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ