スタッフブログ

岩崎晴太 自己紹介へ

セルロースファイバーについて

2020/09/16(水) 水曜★岩崎ブログ

こんにちは。

水曜日担当の岩崎です。

 

 

今回は、加度商で使用している断熱材のセルロースファイバーについてです。

成分表は以下のようになっています。

                                     OpusHPより引用 

 

セルロースは新聞紙をリサイクルして使用しているため環境にも優しい材料となっています。

成分表に含まれている中で、ホウ素系薬剤どういったものかご紹介します。

 

まずは、この薬剤のメリットについてお話しします。

このホウ素というものには、防虫・防カビの性能があります。

なので、多くの方が苦手なGから始まる黒い虫の対策にもなります!

G退治で有名なホウ酸ダンにも同じ成分がほんの少し含まれていることからも、

虫が嫌う防虫(殺菌)効果が高いことがわかります。

急に現れるやつらに驚く可能性が減り、皆さんの精神安全にも役立ってくれますよ!

 

また、防火性能の役割もこのホウ素系薬剤が担っています。

ホウ素系薬剤は吸着すると一瞬にして相手から水分(正しくはマイナスイオン)を奪う性質があり、

乾いた相手(この場合新聞紙)はすぐ燃えます。 表面だけが燃えると今度はホウ素系薬剤がまた水を相手に戻す性質があるため、

それ以上燃え広がりません。(自己消火性)

主成分に新聞紙が含まれているので、むしろ燃えやすいと思われるかもしれませんが、

実際にセルロースに火をつけても、火を当てた範囲の表面だけ黒くなるだけで、内部まで燃え広がりません。

 

この実験はモデルハウスに見学に来ていただいた際にお見せしているので、ぜひ実際に見て安全性を確認していただければと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

記事一覧|2020年9月

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ