スタッフブログ

 

こんにちは!金曜日担当の中です。


前回の更新よりすっかりご無沙汰してしまい申し訳ございません。

その分しっかりパワーアップしていきたいと思います!

 


さて、コロナウイルスの流行で、建材や住宅設備の欠品が相次ぎ、

建設業界もダメージを受けています。

目に見えないもの、というのはとても怖さを感じますね。

 

目に見えない怖さ、というものの一つに地震があります。

 


いつ来るか分からない、けどきっと来る。

その地震によって受ける被害は、ホラーそのものですよね。

私自身、実家が築50年以上の建物なので、

この家は大きな地震に耐えられるのかなあ…と不意に不安に駆られることがあります。

 

 

日本の建築の歴史は地震との闘いと言っていいと思います。

1891年の濃尾地震、1923年の関東大震災、1978年の宮城沖地震

これらの大きな地震被害があり、

その都度、建築に関する法が改正されています。

 

最近ではマグニチュード7を超える地震が頻発しています。

記憶に新しいものでは、阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など…

 

 

そして、南海トラフ大地震が起こる可能性が高まっている今、

設計者としては、地震に強い、安全で安心な家というのを作り、

そこに住まわれる方の生命、財産を守り、

安心して暮らせる家を提供する責任があると感じています。

 

 

毎回見るたびに胸が詰まる思いになる、LIXILの動画をご紹介します。

 

このQRコードを読み込むか、クリックすれば動画に飛べます。

 

建築に携わる者として、これからも安全な家づくりをしていきます!

次週より地震に強い家、参考チェック項目を紹介していこうと思います。

 

それではまた。

 

記事一覧|2020年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ