スタッフブログ

佐藤順平 自己紹介へ

資金計画@お借入編。

おはようございます。

佐藤です。

さて、本日は
不定期に更新中の資金計画編です。

新築の家を建てるのに大事なことはなにか。

もちろん、建物のスペックや仕様ももちろん大事ですが、
資金計画もとても重要です。

資金計画とは?

・家づくりにかかる総額以上の金額をどうやって集めるか?です。
要するに…

【家づくりにかかる総額 ≪ 自己資金 + 住宅ローン】

この図式が成り立てば資金計画が成立です。
逆に言えば、この図式が成り立たなければ、
家を建てることは出来ません。

そして、
この図式を成り立たせる上で重要なこと。

それは、「住宅ローン」です。

家づくりにおいて、大体の方が「住宅ローン」を組むわけですが、
ここで、良くある質問が…

いくら借入できるの??

ここですよね。

今回は
フラット35を例にしてお話していきます。

↑↑
上記のように、
年収に応じて、年間の合計返済額の割合が決まっています。
※画像は住宅金融支援機構より一部抜粋

これを例に考えると、

年収400万円の方はMAXで負担率30%のお借入が可能です。
つまり…
400万円×30%=120万円(1年間で借入出来る金額)

この120万円を12ヶ月で割ると、
一ヶ月で約10万円となります。

これは現在の金利(1.28%)で35年間お借入した場合、
約3,500万円のお借入が可能です。

※上記金利はハウス・デポ・パートナーズ9割以下融資2020年2月金利の場合

ですが、ここで当然質問が上がります。

月々10万円の返済では、さすがに厳しい。
この月々の返済額が果たして妥当なものなのか?
世間一般的にどれくらいの返済負担率で家を建てているのか?

この内容に関しては
また次回以降にUPしていこうと思います。

とにもかくにも、
家を建てる為には「資金計画」はとても重要です。

弊社ではこの内容を更に詳しく
個別にお話させて頂いております、家づくり講座もご用意しております。
まずはお気軽にお申し付け下さい。

家づくり講座のお申し込みはこちらまで

それでは
佐藤でした。

記事一覧|2020年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ