スタッフブログ

 

こんばんは。

金曜日担当の中です。

 

先週はブログを更新できず、申し訳ありませんでした(;_;)

 

さて、今回は前回ブログで書いた、

広島県『がけ条例』の規制内容について詳しくご紹介します。

 

前回のブログと重複しますが、

建物が2mを超えるがけの上にある場合と、

5m以上のがけの下にある場合に制限の対象となります。

 

実際にどんな感じかというのは、

広島県のHPに分かりやすい図が載っていたので参照します。

 

制限のイメージ図

 

まず、2mを超えるがけの上に建物を建設する場合。

がけの下から建築物の間に、がけの高さの1.7倍以上の水平距離を保つ必要があります。

 

また、敷地が5m以上のがけの下にある場合は、

がけの上から建築物との間に、がけの高さの1.7倍以上の水平距離が必要になります。

 

 

たとえば、3mのがけの上に建物を建設するとなると…

がけの高さ3m×1.7=5.1m

 

がけの下から5.1m後退した部分からしか家が建てられません。

 

ものすごく広い敷地であるとか、

敷地の南側にがけがあって広い庭を確保したいといった場合は

特に問題はないかもしれません。

 

ですが、敷地目一杯に建物を建てようとしていた場合、

がけ条例の規制による後退は本当に痛手ですよね。

 

 

5m以上あるがけの下に建設する場合、

さらに厳しい制限を受けます。

 

たとえば、

高さ5mのがけなら8.5m以上の後退

高さ7mのがけなら11.9m以上………

 

なかなか確保できませんよね。

 

 

だからこそ、家の間取りを考える前に敷地の調査をして、

実際に建設可能な範囲を知っておくことはとても重要です。

 

 

ただ、今回ご紹介した制限を受けないがけもあります。

それはまた次回にご紹介しますね。

 

それではまた来週。

記事一覧|2019年3月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ