こんにちは!

水曜日担当の岩崎です。

 

 今日は地盤改良に関してです。

 

建物を建てるにあたって基盤となるのが地盤です。

この地盤が弱いと建物の自重によって徐々に沈んでいき建物が歪んでしまいます。

ひどくなあるとドアや窓が開かなくなり、最悪の場合 柱や梁が折れてしまう可能性もあります。

 

そうならないために地盤が建物を支えることができる力、支持力を高めるために地盤改良を行います。

地盤改良にはいくつか種類がありますが、一番ポピュラーな湿式柱状改良を紹介します。

 

湿式柱状改良とはセメントミルクをポンプで地中に圧送し、土とかき混ぜて柱状の改良体をつくることです。

作業風景はこんな感じです。

 

 

改良体の長さは地盤の弱さによって決まりますが、

この写真の現場の改良体は3.5mあります。

だいたい、一般的な住宅でいえば

地面から2階の床までぐらいの高さのものが

埋まっていることになります。

 

それだけ多きものが下から支えてくれていると考えると安心感が出てくると思います。

地盤改良の有無に関しては、建築前に行う地盤調査の結果によって決まります。

地盤改良が必要な可能性が高い土地は以前のブログで書いていますので、

こちら」からどうぞ!

 

それでは今日はこの辺で!

 

 


【お客様の声】

加度商で家を建てられたお客様に、リアルな体験談をインタビューさせていただきました!

お家づくりでのエピソードやお家の中でのお気に入りのポイントなど参考になること満載です

 

【最新YouTube動画】

加度商YouTubeチャンネル開設!!

家づくりのお役立ち動画やルームツアー動画を投稿していきます。

是非ご覧ください。

 

 

動画を見る

 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全167ページ中)