こんにちは!

水曜日担当の岩崎です。

 

今回は建物の強度に関することです。

建物の強度を上げるために耐力壁が必要です。

加度商では外周部に耐力壁を確保するために面材、ダイライトという部材を使用しています。

 

このダイライトは、透湿性に優れているため、建物の天敵である湿気から部材を守ってくれます。

また、木材ではなく無機質系の材料のため腐りにくく、湿気と同じように建物の天敵である

白アリが食料とする成分が含まれていないので、長い間安全に建物を守ってくれます。

 

きちんとした耐久力を確保するために、施工基準がしっかりと決められています。

いくつかありますが、1つを例に挙げる釘を打つ間隔が決められています。

面材の外周部であれば100㎜間隔で打つ必要があり、内側であれば200㎜間隔で打つように決まっています。

 

少しわかりずらいかもしれませんが、写真のように必要な間隔で打てるように基準線が部材に書かれいるので、

施工もしやすく、またチェックも行いやすくなっています。

もちろん写真に写っているように実際にメジャーをあてて

自社でもチェックをしっかりと行っていますのでご安心ください!

 

それでは今日はこの辺で!

 

 


【お客様の声】

加度商で家を建てられたお客様に、リアルな体験談をインタビューさせていただきました!

お家づくりでのエピソードやお家の中でのお気に入りのポイントなど参考になること満載です

 

【最新YouTube動画】

加度商YouTubeチャンネル開設!!

家づくりのお役立ち動画やルームツアー動画を投稿していきます。

是非ご覧ください。

 

 

動画を見る

 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全167ページ中)