榊原郁生 自己紹介へ

建築物の住宅性能表示制度。

こんにちは。


設計監理課の榊原です。


本日は2024年の4月から義務化される住宅性能表示について

 

もう3月にさしかかり、あとひと月で始まるこの制度ですが


簡単に説明すれば、新築の住宅や賃貸物件などに


「この建物はこれだけ省エネできています!」


という表示をつけるものです。


エネルギーの消費性能、断熱性能から評価が決まり


目に見える形で消費者へ性能を伝える事になります。


エネルギー消費性能の中で欠かせないのが「太陽光発電」の項目。


電気代が高くなるばかりで、つけなきゃ損と言われる時代になってきました。。。


1から6段階の評価ですが、


最大の6になると太陽光発電が無い家はほぼ取れません。。。


太陽光需要が更に出てきそうです。。


新築住宅計画予定の方はご検討いかがでしょうか?


それではまた。

1ページ (全158ページ中)