こんにちは!

水曜日担当の岩崎です!

 

今日は、先週の続きで開口部の断熱性能の向上についてのお話です。

 

開口部の断熱性能を向上させるには

建具の仕様とガラスの仕様をそれぞれ変更させることによって

性能を向上させることが出来ます。

 

まずは建具の種類ですが、断熱性能の高い順でいくと

木製建具又は樹脂製建具>木と金属の複合材料製建具または樹脂と金属の複合材料製建具>金属製熱遮断構造建具>金属製建具 となります。

 

次に、ガラスの種類ですが、断熱性能の高い順でいくと

Low-E三層複層ガラス>Low-E複層ガラス>遮熱複層ガラス、複層ガラス>単板ガラス となります。

複層ガラスの場合は、ガラス間の厚みやガスの封入の有無によっても変わりますが、

今回は割愛させていただきます。

 

なので一番断熱性能がいい窓は、木製建具又は樹脂製建具のLow-E三層複層ガラスとなります。

が、性能がいいということはそれだけお値段のほうも上がりますし、

メンテナンスなどのやり方も変わってきます。

 

なので、加度商では性能とコストパフォーマンスが一番いいと考える

↓サーモスHを標準で採用しています。

※LIXILホームページより引用

 

もちろん、お客様のご要望がございましたら、性能値が高い窓と取り付けることも可能です!

ご安心ください!!

皆様のご要望に応えられるようにますます精進してまいります!

ぜひ、加度商で断熱性能の高い家を一緒に作りましょう!

 

 

 


【お客様の声】

加度商で家を建てられたお客様に、リアルな体験談をインタビューさせていただきました!

お家づくりでのエピソードやお家の中でのお気に入りのポイントなど参考になること満載です

 

【最新YouTube動画】

加度商YouTubeチャンネル開設!!

家づくりのお役立ち動画やルームツアー動画を投稿していきます。

是非ご覧ください。

 

 

動画を見る

 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全167ページ中)