こんにちは!

設監積課の岩崎です。

 

今回は敷地調査の際に確認することの1つである電柱に関してです。

こちらの写真、計画地が右側になります。

 

すぐ近くに電柱が建っているので電気の引き込みは

ここから行えるなと思えますが、実はこの電柱から直接引き込むことはできません。

 

続いてこちらの写真

こちらは計画地から少し離れた道路向かいにある電柱です。

写真〇で囲ってあるような、ボックスがついているタイプです。

皆さんも一度は見たことがあると思いますが、

これがついている電柱からでないと、電気の引き込みができません。

 

一枚目の写真の電柱から引き込む場合は

この電柱から電線を這わせてこないといけません。

また、電柱といっても中国電力の電柱以外にも

NTTの電柱もあり、敷地近くにある電柱がNTTのものの場合は

先ほど同様で、ボックスのついた電柱から電線を引っ張てこないといけません。

 

引き込み可能な電柱の位置によっては、

敷地に到達するルートがなく中継用の電柱を

新たに建てないといけない場合もあるので注意が必要です。

 

そのため、意外と敷地調査の際に電柱を確認することは大切なんです!

 

 

それでは今日はこの辺で!

 


【西藤モデルハウス 見学予約受付中】

「共働き家族にホテルライクな暮らしを」

 

公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全151ページ中)