山脇朋之 自己紹介へ

外壁工事の流れ

工務課の山脇です!

先週はEPSボードという材料についてお話しましたが、

ちょうどK様邸がEPSボードの施工中です。

今週は加度商の家の外壁工事の流れを見てみたいと思います。

↑第1段階ダイライト施工↑

上棟から中間検査の間に施工していきます。

↑第2段階タイベック(透湿防水シート)施工↑

中間検査が終わったら、透湿防水シートを施工していきます。

水蒸気・湿気のみが通り抜ける材料になります。

透湿防水シートの施工が終わったら、第3者機関による防水検査へ。

↑第3段階水切り役物施工とEPSボード施工↑

防水検査が終わったら、外壁の下部に水切りという部材を施工して、

EPSボードを施工していきます。

EPSボードの施工を下から上へと進んでいき、

全ての施工が終わると塗り壁に向けての下地の完成となります。

この流れで外壁工事が進んでいきます。

これからの工事進捗もお楽しみに!!

 

 


◇ 5月 平屋完成見学会 開催 ◇

5/25.26は尾道市美ノ郷町にて完成見学会を開催します。

ご来場をお待ちしております。

詳細はこちら


 

公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全160ページ中)