榊原郁生 自己紹介へ

耐震性能!!

こんにちは。

 

設計監理課の榊原です。

 

本日は「耐震等級」についてお話していこうかと思います。

 

家づくりを計画されている方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

どうなるとよくて加度商の家がどれに当てはまるのか

 

今から家づくりを!って思われている方から見ていただけるようご紹介していければと思います。

 

まず、耐震等級とは、建物の耐震性のランクになります。

 

「耐震等級1」が建築基準法に則った、最低基準で

 

震度6or7の地震が来ても倒壊しない程度となっていますが

 

倒壊しないだけで、住めるのかと言われると住めるものではありません!

 

もしそんな状況になってしまったら建替えが必須になってきます。

 

「耐震等級2」になると

 

耐震等級1の1.25倍の耐震強度を持っています。

 

災害時の避難施設である学校、公共施設だと等級2が最低条件になってきます。

 

つい最近まではこの耐震等級2で長期優良住宅への登録が可能でした。

 

「耐震等級3」は現在の最高ランクになります。

 

耐震等級1の1.5倍の耐震強度を持ち、現行の長期優良住宅へ登録するには必要な条件へとなりました。

 

震度6or7のレベルでも軽微な補修程度の被害になるだろうというレベルです。

 

警察署や消防署などのランクになります。

 

先程最高ランクと言いましたが、耐震等級3にもランクがあるんです。

 

それは「許容応力度計算」がされているか否か。

 

「許容応力度計算された耐震等級3」が現在の最高ランクになるんですね。

 

基礎、梁、接合部まで全ての箇所において耐震計算をし、それを越したものがこれに当てはまります。

 

ちなみに加度商は全棟「許容応力度計算された耐震等級3」を標準仕様としています。

 

それにプラスして、

 

制震ダンパーも標準仕様!

 

1回だけとは限らない大きな地震にも耐えれるように

 

地震を軽減する装置を入れております。

 

詳しくはHPの選ばれる理由にも掲載しておりますのでよかったらご覧ください。

 

長々となりましたが、一家を守るお家の構造も押さえてみてください!

 

それではまた!

 

1ページ (全158ページ中)