デザインについて

デザインについて

加度商の家の人気デザインテイスト

.enu(エヌ)

4つの『N』がお届けする自然体(Natural)かつ上品な暮らし
Neutral…流行りに左右されない普遍の価値
Noble…効果的な差し色
Nakaniwa…家と外を繋ぐ中庭
Nude…ストリップ階段
永く住む家だから常に飽きのこない暮らしを楽しんでほしい。羽を伸ばしてリラックスできる場であってほしい。そんな想いが「.enu」には込められています。自然素材を活かしながらも、直線美のモダン的な印象の家。お洒落でドラマチックな生活がここから始まります。

 

01_「流行りに左右されない普遍の価値 -Neutral-」

流行りに左右されないデザインはいつの時代も廃れることのない普遍の価値をもちます。ニュートラルカラー(黒・白・グレー)を基盤としたシンプルな内装。直線的でモダンな美しさを魅せるフラット天井。シンプルテイストなデザインは暮らしに飽きを感じさせません。普遍的でシンプルだからこそ無限の可能性を秘め、お施主様の理想・こだわりに限りなくマッチした家をデザインすることができます。

 

02_「効果的な差し色 -Noble-」

ニュートラルカラーを基盤にしているからこそ「彩」が映えます。植物・家具・小物などのインテリアで差し色を挿れ、季節やライフステージに合わせたコーディネートを楽しむ。第二の家づくりの始まりです。黒・白・グレーのシンプルな雰囲気の中に目を惹くような色物を取り入れることで、ワンランク上のお洒落な空間に仕上げることができます。

画像

 

03_「家と外を繋ぐ中庭 -Nakaniwa-」

暮らしの幅を広げる中庭。屋外のプライベートスペース、それが中庭です。空間的にも視覚的にも豊かな広がりをもたらします。外界からの視線を遮ることでプライバシーの確保も万全です。外には閉じ、内には開く。採光と通風にも優れているので、家族だけの開放的で明るい空間が広がります。室内から緑や青空を眺める贅沢。日常の自然美に気づく庭づくり。毎日の「ちょっとした幸せ」を見つけることが出来ます。

画像

 

04_「ストリップ階段 -Nude-」

無駄な装飾のないシンプルなシルエット。デザイン性が高く抜け感のあるストリップ階段は、光を遮らず自然な明るさをリビングに届けます。ダイナミックでありながら閉塞感も与えない。お洒落で開放的な暮らしを代表するデザインです。モダンな印象の「魅せるデザイン階段」。昇降としての役割だけでなくインテリアデザインとしても一役買うお洒落な階段。

画像

 

 

05_「WORKS:.enu(エヌ)」

*画像タップで施工事例をご覧いただけます

 

尾道KADOモダン

自然素材の美しさが引き立つインテリアの家
やさしさとぬくもりのある豊かな暮らし

私たち加度商が目指す美しさは、単なる見た目ではありません。
・飾りすぎない
・素材のもつ豊かさをデザインに活かす
・経年変化を楽しむ豊かな暮らし
ご家族と思い出を紡いでいく家だから上質な空間で暮らしてほしい。そんな設計コンセプトを具現化した加度商の家のインテリアデザインを「尾道KADOモダン」と呼んでいます。

01_「北欧照明の美しさ」

緯度の高い北欧では、厳しい冬が続く為、住まいで過ごす時間が長くなります。リビングを心地よく寛げる空間にするための照明設計がとても優れています。眩しさをかんじないように瞳に直接光が入らない設計、ストレスを感じずに、ゆっくりと時間の経過を感じる癒やしの雰囲気を演出。決してインテリアの中で強調しすぎない優しいデザイン。照明の優しい光やフォルムの美しさがゆったりと寛げる温かみのある光を演出してくれます。北欧照明デザイナーの照明への思いが加度商の家づくりにぴったりくるのです。

画像

 

02_「造作家具へのこだわり」
家具は家と共に馴染んでいきます。何度も買い換える消耗品ではありません。だからデザインが飽きのこない普遍的なものであることを大切にしたいと思います。加度商では、間取りの計画段階から完全オーダーメイドのカップボードやテレビボードなどの造作家具もご提案しています。「年月が経つにつれ味わいのある美しさ」は新築入居からの楽しみの一つです。家具への想いを共有できるマストアイテムです。

 

03_「タイルの相性」
タイルは「建材」と「表現」の2つの機能をもっています。キッチンや洗面などの水回りにタイルを使うことで、衛生面のイメージが良いのは「建材」の機能です。家のインテリア素材に加度商では自然素材を選んでいます。床には、無垢の木。壁と天井には、珪藻土塗り。有害物質を含まない自然にある素材。そして、室内空気に含まれる水分を調湿する素材。ご家族の健康面を大切にしたいから選びました。自然素材で包まれるインテリア空間の中で、一番永く過ごすリビングには「表現」のタイルとして、土の質感を感じられる表情を組み合わせています。ぬくもりのある豊かな時間を過ごしてください。

 

04_「梁を感じる」
加度商の家は木造住宅です。日本の式に合わせて呼吸する木材が持つ粘りと間取りへの自由度が永く暮らす家の土台としてふさわしいと考えています。家の屋根や二階を指せる横架材の「梁」。尾道KADOモダンでは梁の美しさを積極的に見せていきます。木とともに暮らす優しさは、オーナー様のご満足されている笑顔がその裏付けだと確信しています。
   
   

 

05_「WORKS:尾道KADOモダン」

*画像タップで施工事例をご覧いただけます