日本の住宅の寿命はなんと30年もたないと言われています。その最大の原因は「壁内結露」です。そして「壁内結露」は断熱レベルの低さにより引き起こされます。
家にとって“断熱材”は心臓部とも言えます。加度商では“断熱材”に『セルロースファイバー』を使用しています。さらに、これに加えて「EPSボード」を外周部に設置する外断熱工法を付加したダブル断熱を標準仕様としています。

ダブル断熱とは?

内側のセルロースファイバーによる充填断熱工法と外側のEPSボードによる外断熱工法を合わせた理想的な断熱工法です。ダブル断熱は、国土交通省の認定を受けている工法なので安全・安心。ダブルの断熱効果で、階段やロフト・吹き抜けのある大空間を楽しみながら、快適な室内環境を実現。冷暖房費削減など省エネ効果も期待できます。また、ダブル断熱は、室内の快適性を実現するだけでなく、建物を湿気から守り、経年劣化を抑制し、建物の寿命を延ばします。永い間、安心して健康に住める家を造るには構造体の外側に断熱材を設置する外断熱工法を施工し、さらに壁内にも断熱材を施工するダブル断熱を行うのが理想的なのです。ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかってしまうというデメリットがありますが、 皆様に永く健康的に暮らせる家に住んでいただきたいと考え、加度商では「セルロースファイバー」&「外断熱」の ダブル断熱を標準仕様としています。

 

セルロースファイバー【ダブル断熱の内側】

 

断熱性能について

優れた断熱性

「セルロースファイバー」原材料は紙です。紙は天然の木質繊維です。
木質繊維の中には無数の細かい空気胞があり、この空気の存在が熱を伝えにくくします。

隙間のない施工

「セルロースファイバー」は細かな繊維状になっています。それを高圧で壁の中に吹き込みます。
細かな隙間の隅々までしっかり施工ができるので熱を伝えにくくなります。

 

防火性能について

優れた自己消火性

「セルロースファイバー」にはホウ酸が含まれています。
ホウ酸のもつ難燃性により万が一の火災の際は火が燃え広がることを抑えてくれます。

 

防音性能について

優れた遮音性

「セルロースファイバー」は1軒の家に約2トンも吹き込まれます。しっかり重量がある「セルロースファイバー」は遮音性に優れています。

優れた吸音性

「セルロースファイバー」の木質繊維が有する空気胞には音を吸収作用があり吸音性に優れています。
※遮音性と吸音性を兼ね備えた「セルロースファイバー」の防音効果は断熱材の中でもかなり優れています。

 

防虫性能について

優れた防虫効果

「セルロースファイバー」に含まれるホウ酸には、防虫・防腐(殺菌)効果があります。ゴキブリはもちろんカビ、ダニ、虫類、ねずみ等を寄せ付けません。またホウ酸は眼科での殺菌洗眼にも使用されていることからわかるように、安全性は保障されています。ホウ酸は無機質なので効果は半永久的です。

 

調湿性能について

優れた吸放湿性

木は呼吸をしているので空気中の湿気を吸ったり、吐いたりします。木質繊維からなる「セルロースファイバー」も同様に周囲の湿度が高くなれば湿気を吸収し、低くなれば放出する性質を持ちます。木質繊維の吸放湿性により季節に応じた調湿効果を発揮します。

高い撥水性

「セルロースファイバー」に含まれるホウ酸には撥水性があります。吸放質性で出入りする湿気を止めることなく撥水します。高い撥水性は水分の出入りをスムーズにし調湿効果を促進します。

 

施工性について

完全自社施工によるコストダウンと品質管理

 加度商は自社で「セルロースファイバー」の施工を行います。専用機械を取り入れ、セルロースファイバー保証協会認定の施工システムを導入しています。経験豊富な職人が施工を行い、認定をうけている施工認定士が点検しますので、高品質を保つことができます。また自社施工なので中間マージンの削減が可能で全棟標準施工を実現しました。

 

品質について

業界トップクラスの高品質

加度商が使用している「セルロースファイバー」はホウ酸の含有率が22%あり、業界トップクラスの高品質商品です。

環境にやさしい

「セルロースファイバー」はグリーンマーク、エコマークを取得する断熱材で新聞紙を原材料としており環境にもやさしい断熱材です。「セルロースファイバー」の持つ調湿効果は壁の中の湿気をコントロールし『壁内結露』を防ぐ効果が抜群です。「セルロースファイバー」を使用することで断熱、防火、防音、防虫、調湿といった性能を発揮し、快適・長寿命な家を実現することができます。

 

 

外貼り用断熱材【ダブル断熱の外側】

 

割れに強い

一般的に塗り壁は、何年かすると外壁がヒビ割れてきる印象がありますが、この外貼り用断熱材は、下写真のように極端に曲げても割れてくることがなく、表面に塗ってある下地のベースも、これから塗る仕上げの塗り壁材も同様、下地の曲げといっしょに、追従してくれるので、とても割れにくい性質になっています。

 

結露防止になる

結露を防ぎ、ダニ・カビの発生を減少させます。また、この断熱材は垂れ下がったりしないため断熱性能の経年劣化は非常に少なくなります。建物全体をすっぽり包むので外部との温度差を小さくするので、結露がおきにくくなっています。もちろん同じ理由で省エネ効果もあります。

 

安全性に優れている

外貼り用断熱材に使用する断熱材は、材料自体燃焼を継続しない性質(自己消化性)をもちます。また、構造一体で国土交通省の「防火構造30分認定」「準耐火構造45分認定」を取得している国が認めた安全な工法です。

 

このようにセルロースファイバーだけでも優れた性能を持っていますが、ダブル断熱にする事でよりその効果を高めています。セルロースファイバー+外貼り断熱のダブル断熱は耐久性も含め、とても自身の持てる工法として、加度商の標準仕様としています。

 

ページトップへ