スタッフブログ

こんにちは。

金曜日担当の宮地です。

 

以前のブログで、上棟した現場に持っていくものの一つに来場者整理棚があると紹介しましたが、今回は注意喚起の中の開口部の転落防止を紹介します。

主に施工前のUB・階段・吹抜けに設置します。

最近は階段・吹抜けには木や鉄骨の手すりをつけることが多いです。

 

以前は、フックに両面テープを貼り、そこにチェーンをかけていました。

フックは重さに耐え切れず落ちてしまうという欠点がありました。

それを隠し釘にしたことで落ちることもなく、必要がなくなればそのまま槌でたたいて頭を落とすだけなので効率的です。

チェーンにつける注意喚起は養生テープからインシュロックにしました。

この他にも以前とは変わった現場の環境整備がありますが、それらは追って紹介します。

 

 

続いて、各現場の壁セルロース吹込みに行きました。

 

吹込み中はフィルターを取り替えて、本体を水洗いできる防塵マスクを着用します。

セルロースは原材料の新聞紙にホウ酸を混ぜて作られます。

木質繊維で無数の空気胞があるので、隙間に入りやすく、断熱欠損になりにくいです。

こちらを参考にしてください。

特に、吹込み後は暖かさと防音(遮音+吸音)効果を体感できます。

加度商では「最強の断熱材」と考え、

「セルロース」と「外貼り断熱」を合わせた「ダブル断熱」を標準仕様としています。

 

 

最後に、各現場の廻縁・畳寄せなどのひも、軒天・外部の壁に使用する軒板の塗装をしました。

今回はオリーブとクリア塗装をしました。

 

オリーブは落ち着いた色で、

クリアはその名の通り色のない塗料ですが、「木が持つ本来の良さ」がでます。

(上:塗装前)

(下:オリーブ塗装後)

樹種と塗料の組み合わせでどんな色合いになるのかが楽しみの一つだと思います。

 

 

今回は2週分の濃いブログになりました。

それではまた。

 

自然と町並みが調和した潤いと彩りのあるまち「サンタウン駅家Ⅱ」にて新しいモデルハウスOPEN!

見学会を随時開催。気軽にお問い合わせください(^^)

画像をクリック♪

 

広島で新築一戸建てを建てる加度商

インスタグラムをやっていましたらぜひフォローしてください♪

instagram

 

Facebookもあります☺

facebook

よろしければチャットでご質問・お問い合わせください

 

加度商のチャットについて 

 

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

ご質問も受け付けております♪

友だち追加

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ