スタッフブログ

中千紘 自己紹介へ

湿気とともに生きる②

こんにちは。

 

金曜日担当の中です!

先週のブログで加度商の家の調湿効果についてご紹介しました。

 

湿気大国の日本の住宅にとって湿気は天敵…

対策が必須です!


特に床下は湿度の高い場所です。

建物の中で一番地面に近く、風通しも悪い上に

陽の光も入りにくいので湿気はこもりやすくなります。


床下に湿気が多いと、

土台など建物の構造部分へのダメージ、

カビの繁殖、シロアリの住処になりやすく、

最終的にはシックハウス症候群に繋がってしまうんです。


そうならないために、

建築基準法では床下換気口の設置が求められています。

『となりのトトロ』でよく見た光景

…なんかいる!ってメイが床下を覗くあの穴です!


新しい住宅では見かけなくなりましたね。

最近の工法では、基礎パッキンを施工しています。

玄関、お風呂以外の基礎に施工しているので、

全体の空気を循環させることができます。

 

引用元:JOTO

 

しかも昔の大きな換気口とは違って、

薄く、小さな穴から風を通すので虫も侵入しづらくなって、

一石二鳥ですね(^^)

 

それではまた!

記事一覧|2020年7月

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ