スタッフブログ

岡崎恵子 自己紹介へ

開放感と鉄骨階段

こんにちは。

日曜担当、経営企画室の岡崎です。

 

 

 

先週のブログでは、ウッドデッキについてお話しました。

ウッドデッキによって奥行きを、吹き抜けによって高さを創り出すことで

室内に開放感をもたらすことが出来ますが、これらの効果をより高めるために

効果的なのが、オリジナルの「鉄骨階段」達です!

 

こちらのお家では、玄関正面に鉄骨階段を配置しています。

 

鉄骨階段の最大の利点は、

窓に面する位置に配置しても、充分な光が採れること。

 

まず前提として、階段は、平屋でない限りどのお家にも設置されるものです。

そして、意外とスペースをとります。

 

上の写真では、階段の奥を窓としていますが、

もしも、階段奥が壁だったらどうでしょうか。

もし鉄骨階段ではなく、窓もなく、暗い階段スペースだったなら、

全く開放感のない、むしろ圧迫感のある場所になってしまいます。

 

逆に、鉄骨階段を採用し、オープンで明るい空間を意識すれば

開放的でかっこいい家になるのではないかと思います。

普通の階段も、鉄骨階段も、上下階を結ぶという機能は同じですが

工夫次第で、これだけ明るさや開放感が違ってきます。

 

 

 

また、鉄骨階段をリビングに設置される方も多いです。

 

階段下収納はないですが、通常なら無駄に場所をとってしまう階段を

明るさも広さも損なわずにスマートに配置できます。

 

 

多くのお施主様は、大体35坪ぐらいの土地で新築を考えることが

多いと思います。

お家は、大きければいい訳でもありませんし、小さくても悪い訳でもありません。

 

大切なのは、限られたスペースで最大のパフォーマンスが出来る間取りと、

必要なものを使い勝手の良い適切な場所にしまえる収納スペース。

これを両立させることです。

 

たかが階段といえど、持てる敷地を有効に活用するためには、

「階をつなぐ」という機能だけにとらわれずに、

むしろ階段を設けなければならないという制約を逆手に取って

こんな見せ方をしてみるのもありではないでしょうか?

 

家づくりをお考えの方、ぜひ検討してみて下さい!

それでは。


誰もがうらやむ世界で一つの家。

御幸町中津原にてモデルハウスOPEN!

見学会を随時開催。気軽にお問い合わせください(^^)

画像をクリック♪ 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント


友だち追加

記事一覧

1ページ (全88ページ中)

ページトップへ