こんにちは。

金曜日担当の中です。

 

今回は 加度商の家『K-style』 で標準仕様としている

長期優良住宅についてご紹介します。

 

長期優良住宅というのは、その名の通り

”長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた、

優良な住宅の建築・維持保全に関する計画”を認定している制度です。

 

 この良好な状態で使用するための措置は、

大きく分けて4つ。

①長期に使用するための構造及び設備を有していること

②居住環境への配慮を行っていること

③一定面積以上の住戸面積を有していること

④維持保全の期間、方法を定めていること

 

 

劣化対策、維持管理の容易性、耐震性、省エネルギー、

居住環境、住居面積、維持保全計画などなど

認定基準は多岐に渡ります!

 

たとえば『耐震性』では、

耐震等級2以上を確保する必要があります。

 

これは、数百年に一度程度の地震のに対して

1.25倍壊れにくいという水準です。

 

このように建てた時だけでなく、

長期的に長持ちする家づくりのために

あらゆる水準をクリアしているのです!

 

めずらしく文字だらけの真面目な感じになりましたが(笑)、

また続きは来週にでも…

 

 

ちなみに、

詳しくは国土交通省のHPで紹介されていますので、

気になる方は是非こちらも見てみて下さい。

 

1ページ (全151ページ中)