スタッフブログ

こんにちは。

日曜担当、経営企画室の岡崎です。

 

さて、そろそろ年の瀬も間近ということでバタバタする時期ですね。

加度商は6月が期首のため、そろそろ一年を折り返すところでもあります。

 

世間一般では来年の抱負でも決めようというところだと思いますが、

加度商では、課ごとに半年間の実行計画を作成中です。

とても細かく、実行後のチェック時の評価尺度なんかも決めたりします。

とっても大変なんですが、これをしないと年が越せませんので

社員一同必死になって作成中です!

 

 

さて、昨日のブログでは、横山が和室について綴っておりましたが、

今日は“土間”についてお話しようかと思います。

ある家とない家がある和室と違い、日本ではどんなお宅でも

靴を脱ぐ為の狭い玄関土間がありますよね。

 

しかし、昔の日本家屋では、竈や野菜を洗う専用の流しがあったりと、

炊事場として1部屋分くらいの土間スペースがありました。

 

そんな昔ながらの家は、今ではめっきり少なくなってしまいましたが、

今でも広い土間を備え付けている新築住宅はあります。

 

例えばこちら。

 

玄関のそばに傘、アウトドア用品、ガーデニング用品が収納できる

玄関収納やシューズクロークを設置するととても便利です。

子育ての時期には、ベビーカーを置くスペースが必須になりますし、

子どもが外で使うおもちゃやスポーツ用品を置いておくのに最適です!

玄関に収納があることで、子どもがおもちゃを泥まみれにして

帰ってきてもへっちゃらです!笑

 

 

また、近年はサイクリングをされる方も増えてきていますよね。

そんな方にはこちら。

 

土間スペースに専用の自転車置き場を設置するという手があります。

これなら、カーポートが狭くなる心配もありませんし、

自転車の盗難を防ぐことも出来ます。

 

 

番外編にはなりますが、車やバイクを収納するために

ガレージを設けるのもひとつの手です。

愛車を風雨から守るだけでなく、雨の日に車に乗り降りする時に

車に雨が吹き込んでしまうことを防ぐ事が出来ます。

 

 

自転車やアウトドア、庭いじりが趣味の方は、

断然土間があったほうが便利かと思います!

 

現在販売中の美ノ郷町本郷分譲住宅にも土間があります!

 

自転車や植物を置くと、まるでまるごとインテリアのような

おしゃれな空間になります。

リビングとはガラスで隔てられていますので、いつでも眺められます。

この季節だと、クリスマスツリーなんかを飾ってもいいですね!

 

どうでしたしょうか?

少しでも、皆さまの家づくりの参考になれば幸いです。

それでは!


自然と町並みが調和した潤いと彩りのあるまち「サンタウン駅家Ⅱ」にて新しいモデルハウスOPEN!

見学会を随時開催。気軽にお問い合わせください(^^)

画像をクリック♪


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

イベントや家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント


友だち追加

記事一覧

1ページ (全67ページ中)

ページトップへ