こんにちは。

金曜日担当の中です。

 

先日レモンをたくさんいただいたので、

はちみつレモンと塩レモンを漬けてみました!

 

 

背景がちょっとあれだったので、

あえてのドアップです フフ

1~2週間くらいで使えるようになるようで…

たまに逆さにしては美味しくなれ~と暗示をかけています。

 

作業中、柑橘の匂いが部屋中に充満して癒されました☺

 

 

さて、今回は『地盤』についてのお話です。

住宅を建てる前に、その土地が建物の重みを

支えられるかどうか調査を行っています。

これが『地盤調査』です。

 

『地盤』は建物にとって、縁の下の力持ち的存在です。

建物の柱や壁など構造だけをガッチリさせても、

その下の地盤の強度がしっかりしておらず

建物ごと傾いてしまっては意味がありませんよね。

 

 

 地盤調査の結果、地盤が”弱い”という判定が出れば

『地盤補強工事』を行います。

 

地中の安定した”強い”地盤で建物を支えられるように、

強い地盤と建物を繋げる役目を、

補強工事が担っているんです!

 

 

補強の方法は様々ですが…

 

表層改良:地盤を掘って、改良材と攪拌し良質土で

     埋め戻しを行いう工法

柱状改良:良好地盤の深さまで地中に

     コンクリートの柱を建てる工法

置換工法:建物と同程度の重さの土をとって

     発泡スチロールに置き換える工法

 

 

などなど、このほかにもたくさんの改良工法があります。

強い地盤に達するまでの深さによって採用出来る工法や

掛かるコストが変わってきます。

 

 

『じゃあどれが良い工法なのか??』

という質問を受けることがありますが、

『 その土地の性格に適した 工法を選ぶ 』ことが大切です。

 

 

地形の種類や盛土がされた土地か、

元々、畑や田んぼだったとか、宅地だったとか

土地の前歴を知ることが大切です。

 

補強が無いのが一番ですが、

土地の”性格”を把握した上で、

コスト面も考慮しながら最適な工法を選定しています☺

 

それではまた!

 

 


【西藤モデルハウス 見学予約受付中】

「共働き家族にホテルライクな暮らしを」

 

公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全151ページ中)