スタッフブログ

古川雄 自己紹介へ

加度商の建物 外壁のメンテナンスについて

こんにちは。水曜担当の古川です。

今回も家のメンテナンスについてご紹介していきます!

 

今回は、建物のメンテナンス費用でもコストのかかる外壁についてです。

 

近年外壁材によく使われているのは「窯業系外壁材」と呼ばれるもので、

セメント・繊維質等でできたサイディングボードです。

デザインが豊富で人気もあるのですが、

メンテナンス時に貼り替えが必要で廃棄物が多いことや

パネルの目地部分は10年ほどで劣化してしまうこともあり、

コストや時間がかかってしまいます。

 

加度商の家では外壁に塗り壁を使用することが多いです。

塗り壁は約20年でメンテナンス時期を迎えますが、塗り足しを行うため、

廃棄物を少なく抑えることができます。

また処分費も抑えることができます。

 

外壁材の特徴やメンテナンス費用を考えて、外壁材を選ぶことが

ランニングコストの把握・軽減につながります!

 

 


誰もがうらやむ世界で一つの家。

御幸町中津原にてモデルハウスOPEN!

見学会を随時開催。気軽にお問い合わせください(^^)

画像をクリック♪ 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム
インスタライブ不定期で配信中♪ライブ開始時に通知が届くよう、ぜひフォローと通知の許可をお願いします。

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント


友だち追加

記事一覧

1ページ (全116ページ中)

ページトップへ