スタッフブログ

岡崎恵子 自己紹介へ

家事動線について

こんにちは。

日曜担当、経営企画室の岡崎です。

 

昨日、9月28日は尾道造船の進水式があったそうですね!

しかも今回の770番船は、尾道史上最大のどでかいタンカーだったそうです。

全長245.5m、自重 110,000トン…大きすぎて逆によくわからない!

その重さの船に対して充分な浮力と推進力を備えてるんですから、

さらにすごいですよね。

 

 

造船にもきっと様々な計算が必要だと思いますが、

加度商の家も綿密に計算されてできています。

構造だけでなく、間取りにおいてもそうです。

 

 

家を建てた後、その間取りや広さに不満を持っている人は全体の

2割にも登るそうです。特に毎日家事をする主婦の方々にとっては、

もっと効率と利便性を考えた間取りにしたら良かった…ということが

多いようです。

料理や洗濯、掃除といった毎日の家事の負担を軽くするためには、

無駄のない家事動線が欠かせなのです…

 

 

 

加度商で現在公開中の【中津原モデルハウス】は、毎日の負担を少しでも

軽くするために、家事動線を考慮した間取りとなっております。

【中津原モデルハウス】では、キッチンの横に洗面室、その隣に浴室があり、

簡単に行き来ができます。

朝食の準備をしながら洗濯機をまわし、子どもたちの身支度を手伝う…

なんて状況でも慌てずにすみます。

 

さらに、キッチンからトイレ、玄関ホール、リビング、洗面脱衣室と、

ぐるりと一回りできる「回遊動線」にもなっています。

これによって、行き止まりがなく渋滞も起こらないので、より家事効率がアップします。

 

また、和室は玄関ホールからもリビングからもアクセスできます。

家事スペースや子供の遊び場だけでなく、仕切って客間としても活用できます。

 

また、玄関とキッチンの距離も重要です。

距離が短いだけで、買い物袋を運ぶ作業がかなり楽になります。

さらに、キッチンに勝手口があることで朝のゴミ出しも楽になります。

 

家族の集まるリビングは、特に物があふれて散らかりがちなので、

収納とクローゼットを設けています。使ったら定位置に戻す、という

動作がスムーズになれば、家族全員が片付けるようになり、

掃除も楽になります。

 また、玄関に土間収納があるので、ベビーカーやおもちゃなども

すっきり片付けられます。

 

このように、間取りにおいては、大きな収納を設けて部屋が狭くなるよりも、

位置と出し入れのしやすさを大切にして、みんなが片付けしやすい間取りを

意識することが重要なのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

実際に見てみたいという方は、【中津原モデルハウス】のページ下部の

お申し込みフォームよりご予約下さい。

少しでも皆様の家づくりの参考になれば幸いです!

それでは。


誰もがうらやむ世界で一つの家。

御幸町中津原にてモデルハウスOPEN!

見学会を随時開催。気軽にお問い合わせください(^^)

画像をクリック♪

 


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント


友だち追加

記事一覧

1ページ (全81ページ中)

ページトップへ