中千紘 自己紹介へ

危険を避ける間取り④


こんばんは、設計の中です。

先週金曜日にUPできていなかったので、月曜日に登場です(^^;

 

オリンピックの延期が決まり、自粛のムードが高まる今日この頃。

土日は外出せず大人しく家で過ごし、

4月に旅行を計画していましたが、これもさすがに自粛することに決めました。

コロナウイルスが早く終息するのを願うばかりです、、!

 

 

さて、本日は危険を避ける間取りパート4をご紹介します。

 

地震や台風による力(水平力)が建物に加わると、

水平構面(屋根や床)から、梁などの構造躯体、

そして耐力壁などの壁、そして階下へ、と伝わっていきます。

 

これらの力を建物が効率よく伝えていくためには、

バランスよく耐力壁が配置されている事が重要になります。

 

なるべく、小さな感覚で力を分散させることで、

無理のない構造としていく事が建物にとっても良いと思います。

 

強すぎる壁は構造に大きな負担がかかるため、出来ることなら避けたいところです。

しかし、大きな吹き抜けをつくったり、間仕切りを撤去したりすると

力を伝える壁がなくなり、強い壁、床を配置することになります。

 

負担が集中したり、反対に脆弱な部分が出来てしまいます。


具体的な例を挙げると…

 


①壁がない


大きなリビングは憧れではありますが、

支えの無い箱が弱いのは想像に難くないと思います。

ちょっとしたアクセント壁を入れるなど、工夫次第でお洒落で広いリビングは可能です。

 


②大空間

出来れば、柱だけでも入れたいところですが、

壁のない柱は力を逃がすことが出来ません。

なるべく、壁を入れることが好ましいです。

 

 

③耐力壁のバランス


家の隅、必要なピッチで耐力壁をバランスよく配置することで、

脆弱な部分を作らないようにします。

 


④1/4バランス


建築基準法で定められている壁のバランスです。

どこかが著しく突出するプランだと、バランスが悪くなってしまいます。

 

 

注意しているか、していないかで効果が全く変わります。

見た目にもお洒落で、安全にも配慮してあるほうが、長く住むうえで安心ですよね。

 

それではまた来週(^_^)


公式SNSアカウントでも加度商の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式Instagram

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

LINE公式アカウント

最新のイベント情報・LINE限定見学会情報・家づくりのお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪


友だち追加

1ページ (全150ページ中)