ページトップへ

写真集

  • 完成物件
  • すべて

最小限が創る最大の可能性

福山市駅家町江良(見学可 販売中)

  • 最小限が創る最大の可能性

    シンプルにまとめた存在感のある外観

    画像のみを表示全 20 枚中 1 枚目を表示Next ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    白と黒のツートンに木の温かみを加えることで、よりモダンな印象に

    画像のみを表示全 20 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    周囲の街並みに溶け込みながら、植栽が柔らかな表情をもたらしています

    画像のみを表示全 20 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    モノトーンをベースにして木をアクセントにし、シャープなラインで統一。縁側をつくり、屋内外を緩やかにつなぐようにしました

    画像のみを表示全 20 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    玄関までのアプローチを歩いていく過程で周囲の風景や音、季節の移ろいを感じることができます

    画像のみを表示全 20 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    天井に床と同一のフローリングを貼ることで、家中で自然の心地よさを感じることができます

    画像のみを表示全 20 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    空間にジャストフィットする造作TVボード。背面には大谷石+間接照明で非日常的な気分を味わえます

    画像のみを表示全 20 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    庭と中をつなぐ縁側で、気軽なアウトドアライフを愉しむことができます

    画像のみを表示全 20 枚中 8 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    ダイニング天井はダークトーンで落ち着いた印象に。繋がりを意識しつつ、食べるスペースと寛ぐスペースを緩やかに区分けしました。

    画像のみを表示全 20 枚中 9 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    キッチン背面には大谷石を。木との相性は抜群にいいです。

    画像のみを表示全 20 枚中 10 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    ひときわ存在感をはなつ鉄骨ストリップ階段。光を取り入れ、空間のアクセントにも。

    画像のみを表示全 20 枚中 11 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    ダイニングテーブルもオリジナルで作成して、ぴったりサイズで好みのデザインにも出来ます。

    画像のみを表示全 20 枚中 12 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    キッチンから一直線に繋がるパントリー。

    画像のみを表示全 20 枚中 13 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    機能性とデザイン性を両立させた造作洗面台。ファミリークローゼット→パントリー→キッチンへと繋がる家事ラクな動線を実現しました。

    画像のみを表示全 20 枚中 14 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    リビングと繋がる和室。扉を閉めれば客間としても使用することが可能です。

    画像のみを表示全 20 枚中 15 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    外部から洗濯物が見えないように、壁を立ち上げた広めのバルコニー。屋根から光を採り入れるので、隣接する居室も十分な明るさを確保しました。

    画像のみを表示全 20 枚中 16 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    素材感を浮き立たせる照明計画で、夜も存在が引き立つようにしました。

    画像のみを表示全 20 枚中 17 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    多彩な照明を豊富に使いクールな素材感を引き立てます

    画像のみを表示全 20 枚中 18 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    夜でも存在感が出る外観ファサード。帰ってくる度にちょっとした優越感が得られるかもしれません。

    画像のみを表示全 20 枚中 19 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 最小限が創る最大の可能性

    照明でぼんやり浮き出る植栽のシルエットや、素材の陰影。

    画像のみを表示全 20 枚中 20 枚目を表示≪ Prev     

この建物のコンセプト「最小限が創る最大の可能性」です。限られたスペースにそれぞれが用途を持った部屋をたくさん配置した平面計画。素敵なライフスタイルで過ごすためのキーワードを『家事効率の良さ』とし、その家事効率は『家族全員』にスポットをあてる必要があると考えました。

回遊できる家事動線をつくり、適材適所にそれぞれの部屋が持つ役割を明確化することで、幅ひろい世代への対応と部屋が散らからない仕組みを実現しました。

 各スペースは必要最小限のスペースですが、『回遊性』と『明確化』による家事効率の良さを最大限に引き出せていると思います。生活の中心となるリビングも最小限のスペースですが、石や木をアクセントにしっかり楽しめる空間で生活を支えてくれます。

 

 物件概要はこちら

 工事レポートはこちら

 見学ご希望の方はこちら