ページトップへ

造作家具で彩る家づくりのために

自社造作家具ブランド「Kobo-K」

加度商では自社の造作家具工房を設けております。この工房であなただけのオリジナル家具を造作が可能です。
注文住宅に注文家具を取り入れあなただけの特別な空間を提案させていただきます。

統一されたインテリア空間

どんなにいい家にしても、家具がお粗末ならオシャレな空間にはなりません。なぜなら、一般的にインテリアを統一する事が、オシャレな空間づくりにおいて重要なポイントだからです。しかし、既製品だとそれが意外と難しい。造作する事で、家具を同一素材で作ることも可能なので、統一されたインテリアコーディネートが可能です。

 

ぴったりサイズだからこそ出来るスペースの有効利用

造作家具は収納スペースを無駄にしないメリットがあります。無駄な空間が生まれず、限られたスペースの中でも有効に収納スペールを確保する事が可能です。また、既製品の寸法では、なかなかピッタリ壁面に収めることが難しいです。例えば、10cm程度の隙間が出来てしまうと、そこはただ埃がたまるだけのスペースになります。食器類のそばにそのようなスペースがあるのは衛生的にも良くないし、掃除だってかなり面倒です。

 

自社ブランドだから出来るコストパフォーマンス

造作家具を採用する時は外注するのが一般的です。ご存知の通り、外注していくと中間マージンが入り、値段は高くなります。加度商は自社に造作家具部門を持っています。使用する材料は、木材市場で直接競り落としてきています。木材市場で競りをすると、いかに中間マージンが掛かっているかよく分かります。それがないのは大きなコストダウンにつながります。家具も家の一部で、インテリアにおいて重要なところ。その部分を「あとは施主任せ」っていうのはどうも納得がいきません。だから加度商は造作家具に力を入れるのです。