ページトップへ

安心・安全かつデザイン性の高い家づくりのために

塗り壁

天然素材へのこだわり

主成分は未焼成の珪藻土を含む石灰石(炭酸カルシウム)です。その中でも重質炭酸カルシウムといい、採掘した石灰石を焼成せずにそのまま細かく粉砕して製品化しております。従って純度の高い石灰石しか原料にしておりません。成分は天然素材ですから国土交通省が定める告示対象外の塗り壁材です。よって使用できる面積の制限を受けることなく新築からリフォームまで安心してお使いいただけます。ホルムアルデヒドを含まないことは実験によって証明されています。

優れた抗菌効果

弱アルカリ性Ph9の塗り壁材です。(ちなみに中性は Ph7です。)これは理想的なPh値なんです!

アルカリ性なので「カビ」が発生しにくいのはもちろんですが、常在善玉菌(じょうざいぜんだまきん)も生きることができます。これが強アルカリ性でPh11以上とかになりますと、あらゆる菌が死滅してしまい、私たちの身体を守っている常在善玉菌も殺してしまい住環境としては強すぎます。この強アルカリ性住宅が新築住宅入居時のアレルギー症状、アトピー、皮膚炎の原因であることが医学的にもわかってきました。本当の健康住宅とは「室内において常在善玉菌が安定して住み着いていくことができる住環境を作ること」と言えるのではないでしょうか?

優れた調湿効果

天然素材の塗り壁の持つ抜群の調湿効果により結露、カビ、ダニから家や体を守ってくれます。快適な湿度に保たれるのでジメジメする夏場でも家の中はカラッとして、体感温度が低く感じられ清涼感を得られます。調湿は一般的な測定方法より厳しく素材単体で測定しました。その結果は39g/㎡ です。一見低く感じるかもしれませんが、塗り壁材単体のみですので、JIS規格の測定方法に当てはめてみますと109g/㎡となります。室内環境においては結露を防ぎ梅雨時のじめじめ感をかなり軽減させることができる塗り壁材です。  (財)日本建築総合試験所にて測定

優れた消臭効果

アルカリ性は嫌な臭いやホルムアルデヒド等の化学物質を分解する効果があり “天然の空気清浄機”と言えます。主成分は多孔質ですから、有害物質や生活臭等を吸着する機能を持っています。この塗り壁で施工したお部屋は、いつでも清々しい空気で満たされ、シックハウスとは無縁の健康的な毎日を送ることができるでしょう。

※これらの効果を最大限生かすため居室の天井・壁は全て塗り壁仕上げです。

 

無垢フロア

天然木だけが持つ質感

その名の通り、「天然木」の板なので“本物”が持つデザイン性は圧倒的です。使い込むほどに馴染み、時を重ねるほど味が出ます。決して新築時がピークではありません。人と同じように各年代ごとに魅力があります。これは“本物”だけの楽しみ方です。樹種も多数揃えておりますのでお好みに合わせて使い分けることが可能です。

優れた調湿効果

木は呼吸しているので、空気中の湿気を吸ったり吐いたりします。「セルロースファイバー」や「塗り壁」と同様に調湿効果に優れています。

自然素材だけの肌触り

無垢フロアは汗や湿気によるベタつきを感じることがなく快適です。毎日触れるものだからこそ肌触りにはこだわりたいですし、最も大切にしたいことです。

優れた断熱性・保温性

木質繊維の持つ無数の空気胞により断熱性が高いので、冬場の寒さや夏場の暑さの影響を受けにくく、一年を通して素足でも快適に過ごせます。

建築屋ならではのコスト対策

無垢フロアは高価なイメージがあると思いますが、加度商では数十年通い続けている“木材市場”から材料を直接仕入れています。中間マージンの削減により一般市場価格から3割程度安値で仕入れることができます。生活の拠点となる「家」に欠かせないのが安心・安全です。自然素材を多用することで、化学物質の発生を軽減させ安心・安全な家づくりができます。また“本物”だけが持つ質感が一味違ったデザイン性の高い空間を生みだし、心豊かな生活を支えてくれます。